吉田房織物株式

工場から考場へThe Sensitive Artissan Company

高感度技芸企業 
21世紀はじめより中国が世界の工場になり、供給者のコスト意識は変わりました。
私たちは、今一度新しい技術力と芸術的感性を磨きます。
世界の企業がその高品質のモノづくりの力を見込んで製造依頼がある。
そんな企業になることによって新たな成長と可能性があると信じています。

イタリアには、技芸豊かなモノづくりカンパニーが今もいきいきと仕事をしています。
彼等のデザインに対する情熱は尊敬に値します。
私たちはモノづくりにおいて、日本人が持つ独特の繊細な感覚と綿密な技術力で、より高度な次元に引き上げていくことが大切だと考えています。
また、色や柄やモチーフにも人間を癒すことのできる卓越した造形律があり、世界各地に今も古代の叡智(えいち)として残存していることにも着目しリサーチします。
さらに、世界の創意をリードする人々の感性が益々世界各地に瞬時に広がる進化した情報社会に敏感になり、それを製品づくりに素早く反映させる「考場」になりたいと考えています。

事業部

本社・各支店